【初心者向け】「WordPress」はどんなことができて、何のためにあって、どうやって使うのか?

WordPress

本記事はワードプレスがどんなものか、何がいいのか、どうやって使うのかについて、なるべくわかるように頑張って説明しています。

これからWordPressを始めようと思う方のお役に立てれば幸いです。

 

そもそもWord Pressってなに?

Word Press (ワードプレス) は、オープンソースのブログ/CMS プラットフォームです。セマンティック Web、 コードやデザインの美しさ、Web 標準、ユーザビリティなどを意識して開発されており、無料でダウンロードして使うことができます。https://ja.wordpress.org/ Word Press (ワードプレス)は、オープンソースのブログソフトウェアである。 PHPで開発されており、データベース管理システムとしてMySQLを利用している(後述のプラグインよりSQLiteでの使用も可能)。 単なるブログではなくCMSとしてもしばしば利用されている。

出典:Wikipedia

公式サイトやWikipediaではこのように紹介されていますが、アメーバブログやFC2ブログなどの無料ブログサービスをイメージすると分かりやすいかもしれません。

ふつう、アメーバブログなどの無料ブログサービスを利用しない場合は、文書の作成からWebサーバーへのアップロードまでの作業を手動で行わなければなりません。

しかし、ワードプレスを導入すると、まるでアメーバブログなどの無料ブログサービスのような感覚でWebサイトを更新していくことが可能になるのです。

このように、Webサイトを管理・編集できるワードプレスのようなソフトウェアのことを「CMS(コンテンツマネジメントシステム)」と呼びます。

そしてワードプレスは、世界一のシェア率を誇るCMSとして知られています。

ひとまず、「サイトの構成、記事の投稿、機能の拡張などを視覚的に行うことができるもの」と覚えておいて良いでしょう。

アメブロと何が違うの?

でも結局、ワードプレスを使うと何が良いのか良くわかりません。

なので、無料ブログとワードプレス、それぞれのメリット・デメリットを挙げてみることにしました。

無料ブログサービスのメリット・デメリット

 メリット

・アカウントを登録するだけで、無料で利用することができる。

・自分でサーバーをレンタルしたり、ドメインを取得したりする手間がないので、登録してすぐに記事を投稿することができる。

・操作が比較的簡単なため、初心者でもすぐに始められる。

・ブログサービス内での交流ができるため、サイト内からのアクセスが集まりやすい。

・芸能人などのシェア率が高いため、人気がある。

 デメリット

・細かいカスタマイズができない。(ブログの構造や見た目の編集に限界がある)

・管理者によって削除される可能性がある。 ・万が一サービスが終了した場合、自分の書いた記事も全て消える。

・勝手に広告が表示される。

・ドメイン名が登録した無料ブログサービスサイトのものになる。 (ブログのアクセスが伸びても、検索の評価が上がるのは無料ブログサービスサイトになる。)

 

ワードプレスのメリット・デメリット

 メリット

・無料でダウンロードできる。

・独自ドメインで運営できる。

・削除されるリスクが無い。

・プラグイン(拡張機能)が豊富かつ、簡単に追加できる。

・テーマ(外観)が豊富かつ、簡単に変更できる。

・記事の投稿が簡単にできる。

・HTML等の知識がなくても運営できる。

・HTML等の知識がなくても、ある程度の編集であれば、簡単にカスタマイズできる。

・HTML等の知識があると、見た目や構成を細かく編集できる。(0からでも作れる)

・検索エンジンに強い。

・世界中で幅広くシェアされているため、ほとんどのことは検索すれば解決する。

・ローカル環境でのテストが可能。

 デメリット

・自分でサーバーをレンタルし、ドメインを取得する必要があるため、有料。(月500円程度)

・プラグインやテーマの更新をしなければならない。

・ Word Press の審査を受けていない非公式のプラグインやテーマには、ウィルスが含まれている可能性がある。

・プログラムの不具合でFatal Errorが引き起こされる場合がある。(画面が真っ白になる)

・重要なプログラムがエラーになり、取り返しが付かなくなるリスクを回避するために、頻繁にバックアップを取る必要がある。

 

ざっと挙げてみましたが、こんなところでしょう。

やっぱりメリットの方が多い印象なので、無料ブログよりはワードプレスを使えた方がよいと思います。

ただ、初心者のうちは慣れるまでに苦労することが多いので、「ちょっと気分でブログ書いてみたい」といった場合には無料ブログサービスを利用すると良いかもしれませんね。

どうやって使うの?

それでは、ワードプレスを使うにはどうするかです。

けっこうかんたんで、基本的にはワードプレスをダウンロードしてサーバーにアップロードするだけです。

ワードプレスはhttps://ja.wordpress.org/からダウンロードします。

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍すると下図のようになります。

 

これでワードプレスの用意ができました。

あとはこのファイル群をWebサーバーにアップロードするだけです。

これもレンタルサーバーによってはかなり自動化されていて、サーバーに詳しくない方でもかんたんにできるようになっています。

一例ですが、エックスサーバーでは、サーバーパネルにログインすると自動インストールという項目があります。

ここから数回のクリックで指定したドメインの階層下にワードプレスをインストールし、自動でデータベースを作成することができます。

また、インターネット上に公開はしたくないけど、ワードプレスを使ってみたいという場合には、XAMPPをインストールすることをお勧めします。(Mac OS 環境の場合はMAMPが推奨されています)

XAMPPはアパッチ(サーバー)、MYSQL(データベース)がセットで入っていて、ローカルで動作するので、とても簡単に環境を整えることができます。

XAMPP と MAMP では画面が違いますが、これらのコントロール画面からアパッチとMYSQLを起動することができます。

 

インストールしたワードプレスをルート下(デフォルトではhtdocs下)に設置するだけで、準備完了です。

ここから「localhost:port/wordpress/wp-admin」のようにファイルのパスを指定すると、Word Press を表示させることができます。

すでにWebサーバーを借りていても、このようにローカル環境を構築しておくと、外観やプログラムを編集するときに役立ちます。

例えば、テーマのHTML、CSS、PHPなどのプログラムを大幅に編集したいとき、本番環境を触る前に、テストで見た目や動作を確認することができます。

そのため、重大なトラブルやエラーを未然に防ぐことにつながります。

しかも、XAMPP、MAMP は無料でインストールすることができるので、導入しておくと便利です。

このように、ワードプレスはリモート環境でもローカル環境でも、サーバーに設置するだけで動作させることができます。 慣れないうちは訳が分からないかもしれませんが、すぐに理解できるようになるでしょう。

ワードプレスの便利な機能

ワードプレスにはたくさんの便利機能が搭載されています。

ここでは、よく使う便利な機能を一通り紹介していきます。

ユーザー管理

一つのサイトを複数人で運営する時に利用する機能です。

例えば、複数のユーザを登録し、Aさんには記事の下書きを書く権限だけを与え、Bさんには記事編集の権限だけを与える、といった利用が可能になります。

プラグイン

プラグインを導入することで、ワードプレスの機能を拡張することができます。

この記事内で紹介した機能以外に、 自分の目的にあった機能をインストールし、有効化/無効化を自由に選択し適用することができます。

例えば、アクセス解析機能、関連記事機能、SNSとの連携機能など、あらゆる面でのサポートを受けることが可能になります。

↓こちらで詳しく書いてます。

プラグインってなに? – WordPress

 

テーマ

テーマファイルをワードプレスにアップロードするだけで、簡単にブログのデザインを変更することができます。

テーマは無料でダウンロードできるものがたくさんあるので、好みのデザインを選んでカスタマイズすることで、 初心者でも簡単にウェブサイトを作成することが可能になります。

また、[外観] > [テーマの編集] では、テーマのHTML/CSSを編集して、自分の思い描いた通りのデザインにしたり、オリジナルのテーマを作成したりすることができます。

ここで編集したファイルは、[ファイルを更新] をクリックするだけで簡単にアップロードすることができます。

↓こちらで詳しく書いてます。

テーマってなに? – WordPress

 

ウィジェット

[外観] > [ウィジェット] では視覚的に要素の配置を変えたり、追加削除をしたりする事ができるため、ある程度は知識がなくても編集できます。

↓こちらで詳しく書いてます。

ウィジェットってなに? – WordPress

 

カスタマイズ

[外観] > [カスタマイズ] では、ロゴやアイコンを変えたり、おおまかな配色を変更したりすることができます。

 

記事関連の機能

記事投稿は機能がたくさんありますので、ざっくりと紹介します。

・記事投稿

記事投稿画面からコンテンツを作成するとき、[ビジュアル]と[テキスト]を自由に選択し切り替えることができます。

[ビジュアル]では、画像やフォントのサイズ、行間などを視覚的に捉えながら記述することができるため、誰でも簡単に記事を書くことができます。

[テキスト]では、HTMLタグを使用して記述することができます。

初心者向けではありませんが、 これによって特定のタグにCSSをあてるといったような記述が可能になるため、コンテンツデザインの幅を広げることができます。

実際には、[ビジュアル]と[テキスト]を使い分けながらコンテンツを作成します。

例えば、画像の挿入やテキストの入力などは[ビジュアル]で記述し、見出しにスタイルをあてたい時には[テキスト]に切り替えて、HTMLタグを記述するといった利用が一般的になります。

・メディアアップロード

記事やアイキャッチに挿入する画像は、メディアに画像ファイルをドラックアンドドロップするだけで用意することができます。

さらに、編集では画像のトリミングや上下左右の反転を自由に行うことが可能です。

・下書き

ワードプレスの新規投稿には、入力した内容を公開せずにブラウザで表示させる機能、公開せずに下書きとして保存しておく機能、公開してWebサーバーにアップロードする機能があります。

[公開] では、公開日の指定や、記事の先頭に固定表示する設定を行う事ができます。

また、事前投稿を設定しておけば、指定した時間に自動で記事を公開するなどの利用も可能です。

・カテゴリー

[新規投稿]、[編集]、[クイック編集] から公開する記事にタグとカテゴリを作成し、割り振ることができます。

[カテゴリ]は、その下に[サブカテゴリ]を作成できるため、Webサイトのコンテンツを階層的に細かく設定することができます。

↓こちらでも細かく書いてます。

記事の投稿ってどんなことができるの? – WordPress

 

サイトマップ

ワードプレスは、サイトマップに強い構造をしています。

例えば、サイト内検索機能や、カテゴリから日付単位までのアーカイブを表示させる機能があります。

パーマリンク

ワードプレスでは、公開する記事のURLを自由に設定することができます。

クリーンなパーマリンクを設定すると、Webサイトの評価を上げることに繋がるため、SEO対策には必要不可欠であると考えられています。

例えば、自動で生成される「****」というパーマリンクを「****」に変更することで、そのページがどのような内容なのかが一目で分かり、簡潔な記述にすることができます。

最近では「****」のように、日本語を設定するページも増えてきました。

通常、日本語URLを指定すると「****」のようになってしまうのですが、URLエンコードを使用することで任意のスッキリとした文字列に変換することができます。

基本的な操作

ここでは、ワードプレスのダッシュボードから行う基本的な操作について簡単に紹介します。

テーマの適用 Word Press では「テーマ」と呼ばれるファイルをダウンロードして、アップロードするだけで、サイトのデザインを変更することができます。

「 Word Press  テーマ」などで検索し、自分の好みに合ったテーマをダウンロードします。今回は例としてhttps://wordpress.org/themes/lingonberry/からLingonberry のテーマファイルをダウンロードしてみましょう。

[外観] > [テーマ] > [テーマのアップロード] からダウンロードしたテーマファイルをアップロードします。

自動的にインストールが完了するので、[有効化] をクリックしてみましょう。

このように、新しいテーマが追加されています。せっかくなので、[サイトを表示] からどんな感じになったのか見てみます。

こんな具合になりました。シンプルで良いデザインなのではないでしょうか。

新規投稿 [新規投稿]から、タイトルや内容を入力して[公開]をクリックすることで、記事を投稿することができます。

入力した内容をデータベースに追加して、作成した文書をWebサーバーにアップロードするところまで自動で完了します。

1.「新規投稿」から記事を入力します。

2.「公開」をクリックします。※下書き保存では内容を公開せずに保持することができます。

プラグインの追加・有効化

追加したいプラグインをインストールし、有効化することで Word Press の機能を拡張することができます。

ほとんどが英語表記のものになりますが、情報が豊富にあるため、作業に困ることはありません。

1.追加したい機能のプラグインを検索します。ここでは例として、アクセス解析機能を追加します。

2.「WP アクセス解析 プラグイン」などのキーワードで検索し、上位にあるものからプラグイン名をコピーします。今回は例として jetpack をインストールしてみましょう。

3.プラグインの検索にコピーした名前をペーストして検索します。

4.同名のプラグインが検出されたら、[今すぐインストール] をクリックします。

5. インストールが完了したら、そのまま [有効化] をクリックします。

6. プラグインから、追加したプラグインが有効になっていることを確認します。

7. この画面から [停止] をクリックすると、有効化を解除することができます。

 

まとめ

ここまで Word Press について説明してきましたが、改めて要点をまとめておきます。

・ Word Press とは、Webサイトを管理・編集できるブログソフトウェア又は「CMS」の一種。

・ Word Press は、 Word Press .orgから無料でダウンロードすることができ、Webサーバーにインストールすることで使用することができる。

・ Word Press を利用すると、自身のWebサイトを無料ブログのような感覚で運営できる。

・SEOに強く、削除されるといったリスクが無いため、Webサイトの収益化及び長期での運営に向いている。

・ Word Press をローカルに設置するだけで簡単にテスト環境が構築できる。

・デザインや要素の編集が視覚的に行えるため、初心者でも比較的簡単に自分のWebサイトを運営することができる。

・HTMLなどの知識があれば、自由自在にカスタマイズしたり、オリジナルのテーマを作成したりすることができる。

・豊富にあるプラグインを導入することで、目的にあった機能を自由に追加することができる。

・重要なプログラムエラー対策で、定期的にバックアップを取る必要がある。

前述したように、 Word Press はWebサイトの運営にとって、非常に優れた機能が豊富に搭載されたCMSになっています。 そのため、 Word Press はこれからもっと多くの人にシェアされ、テーマやプラグインの種類がより豊富になり、さらに便利になっていくことが予想されます。 これからWebサイトを運営していきたいという場合は、 Word Press を使ってみてはいかかでしょうか。

おまけ「Word Press .org と Word Press .com」

よく混乱することがあるので追記しました。

実はワードプレスと一言でいっても、二つの意味があったりします。

一つは、「Word Press .org」から提供されるCMS/としての Word Press です。

これは前述した通り、インストールしたwordpress のファイルを自分のWebサーバーにアップロードすることで、無料ブログのような感覚で Web サイトを更新することができる CMS(コンテンツ マネジメント システム) です。

そして、もう一つは「 WordPress .com」から提供される、無料ブログサービスとしての Word Press です。

こちらはアメーバブログなどと同じで、既にウェブサーバーが用意された状態で提供されます。

こんな感じで、ちょっとややこしいです。

頑張って wordpress.com にログインしようとしていて、「あれ?なんでログインできないの?」ってなることがあります。

まぁ、これは筆者だけかもしれませんが・・・。

お問い合わせ・
お見積りフォーム

エルスタでは、デザイン・システム・常駐案件など、幅広い仕事を受注しています。

見積もりご依頼のご相談などは無料で行っています。
お気軽にご相談・お問い合わせください。

お問い合わせ・お見積り

お問い合わせ・お見積り依頼フォームを使用頂く場合は、
プライバシーポリシーに同意されたものとみなします。

TOPへ