FTPクライアントってなに?いつ使うの? – WordPress

WordPress

まえがき

本記事は、すでにWebサーバをレンタルして、自身のWebサイトを運営している方向けのものです。

そもそもFTPクライアントってなに?

FTPサーバに接続してファイルをアップロード・ダウンロードすることができる。

主な用途としては、ウェブページ用に作成したコンテンツを公開するためにウェブサーバにアップロードする (ウェブサーバとなっているコンピュータがFTPサーバを兼備している場合)、ソフトウェアをダウンロードする、などが挙げられる。

出典:Wikipedia

FTP(file transfer protocol)は、直訳でファイル転送プロトコルになります。

「訳したのにカタカナが二つもあるじゃねーか!」と思うかもしれませんが、ITの世界ではよくあることです。

そして、FTPクライアントソフトとは、FTPという通信規則に従ってクライアント(自分)とWebサーバの間でファイルの転送をできるようにしたものです。

ちょっと難しいですね。

どんなとき使うの?

FTPクライアントソフトを使用するシーンは、主に自分でつくったファイルを Web サーバにアップロードしたいとき、または、アップロードされたファイルを編集するためにダウンロードしたいときなどです。

ワードプレスでは、記事を新しくつくっても勝手にアップロードしてくれる仕組みがあるので、あんまり使わないかと思いますが、 例えば、「phpファイルがエラーになって画面が表示されなくなっちゃった」といった時にはFTPクライアントソフトを使うしかありません。

そんなときに使えるようにしておくと、「どうしよう!」と焦らずに対応できたりします。

どこから入手すればいいの?

FTPクライアントソフトといっても、いろんな種類があります。

Windows 専用とか、Mac専用とか、どっちも使えるとか。

なので、自分の使っているパソコンと互換性のあるやつをダウンロードすることになります。

とりあえず、無料で手に入るものから、メジャーなもの二つ紹介します。

Windows 専用です。 定番中の定番といったところでしょうか。

Windows をお使いの方にはオススメのFTPクライアントソフトです。

Windows、Macの両方で使えます。

無駄がなく、シンプルな操作性なので、初心者にもオススメです。

寄付金ウェアなので、使っていると「寄付してくれませんか?」って出ますが、 Wikipedia みたいな感じで、任意なので基本無料で使えます。

Windows ならFFFTP、Macならサイバーダックって感じになるでしょう。

どうやって使うの?

使用するソフトによって微妙に操作が違ったりするのですが、ここではサイバーダックを使って説明します。

比較的操作が簡単かつ、Windows、Macともにサポートされているためです。

ちなみに、このなんとも言えないアイコンがお気に入りです。

さて、実際に使う前に、ここで必要な情報をまとめておきましょう。

そもそも、FTPクライアントソフトを使用する目的は、自分のWebサーバとファイルのやり取りをするためでした。

そのためには、FTPサーバに接続する必要があります。

そのためには、FTPホスト名、FTPユーザ名、FTPパスワードが必要です。

FTPサーバ?なにそれ? って方もいらっしゃるかと思いますが、Webサーバをレンタルしたら、一緒にFTPサーバの情報もメールで送られているはずなので確認してみてください。

例えばエックスサーバーだと、下図のような内容が送られているはずです。

  • FTPサーバに接続する

ここまで確認できたら、実際にFTPサーバに接続してみましょう。下記の手順を実行してください。

1. サイバーダックを起動します。

2. 画面左上の[新規接続] をクリックします。

3. 一番上のドロップダウンリストから、FTP(ファイル転送プロトコル)を選びます。

4. [サーバ]、[ユーザ名]、[パスワード] に、先ほど確認したものを入力します。

5. [接続] をクリックします。

こんなのが表示されたら、[続ける] をクリックしましょう。

6. すると、「○○.com」といったような、ドメイン名のフォルダが表示されます。ここから、編集したいドメインを選択して展開していきます。

7. ワードプレスなら、ほとんどの場合「public_html」を展開することになるので、開いてみます。

  • ダウンロードしてみる

せっかくなので、バックアップを取る意味でも「wp-content」を展開して、「plugins」「themes」「uploads」をダウンロードしてみましょう。

1. ファイルを選択して、右クリックからダウンロードをクリックします。 ※けっこう時間かかるので、この手順は飛ばして構いません。

2. ダウンロードがはじまるので、しばらく待ちます。

3. こんな感じになったら、ダウンロード完了です!

自分のPCのダウンロードフォルダを開いて、ちゃんとファイルがダウンロードできているか確認してみましょう。

これで、万が一テーマファイルとかがバグったり消えたりしても、バックアップファイルをサーバにアップロードして置き換えれば復元できるというわけです。

  • アップロードしてみる

アップロードの方法も簡単です。

アップロードしたい場所まで移動して、右クリックからアップロードするだけです。

おわりに

FTPクライアントソフトは 難しそうですけど、やってみるとすごく簡単だし、そんなに操作する内容もありません。

しかし、バグで画面が表示されないなどの緊急事態になったときには絶対に必要なツールになるので、使えるにしておくと便利です。

お問い合わせ・
お見積りフォーム

エルスタでは、デザイン・システム・常駐案件など、幅広い仕事を受注しています。

見積もりご依頼のご相談などは無料で行っています。
お気軽にご相談・お問い合わせください。

お問い合わせ・お見積り

お問い合わせ・お見積り依頼フォームを使用頂く場合は、
プライバシーポリシーに同意されたものとみなします。

TOPへ