PHPのエラーを表示させるにはどうすればいいの? -WordPress

WordPress

なにをどうすれば良いのか

WordPress は、PHP のエラーによって画面が表示されなくなってしまう場合があります。

その場合、バグを修正するためのエラーメッセージが発行されるプログラムが動作するようになっているのですが、デバッグモードになっていないと、エラーメッセージが表示されません。

これは、ある程度うごきに問題のない程度のエラーであれば、表示しない方がレイアウトが崩れないから良いという理由があります。

しかし、エラーを表示させなければバグを修正するのが困難になるため、デバッグモードを有効化する必要があります。

デバッグモードを有効化する

デバッグモードの設定は、WordPress 直下にある、wp-config.php で行われています。

WordPress をWeb サーバーにアップロードしている場合は、まずは FTP クライアントを使って、wp-config.php のファイルを探す必要があります。

ファイルが見つかったら、エディターで開きます。

FTPクライアントから接続している場合は、いったんファイルをダウンロードするなどして、エディターで編集できるようにしてください。

ファイルを開くと、80行目あたりにこのような記述があります。

/**
* 開発者へ: WordPress デバッグモード
*
* この値を true にすると、開発中に注意 (notice) を表示します。
* テーマおよびプラグインの開発者には、その開発環境においてこの WP_DEBUG を使用することを強く推奨します。
*
* その他のデバッグに利用できる定数については Codex をご覧ください。
*
* @link http://wpdocs.osdn.jp/WordPress%E3%81%A7%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0
*/
define(‘WP_DEBUG’, false);

ということで、「define(‘WP_DEBUG’, false);」を下記のように変更します。

define(‘WP_DEBUG’, ture);

これで、エラーが表示されるようになるはずです。

お問い合わせ・
お見積りフォーム

エルスタでは、デザイン・システム・常駐案件など、幅広い仕事を受注しています。

見積もりご依頼のご相談などは無料で行っています。
お気軽にご相談・お問い合わせください。

お問い合わせ・お見積り

お問い合わせ・お見積り依頼フォームを使用頂く場合は、
プライバシーポリシーに同意されたものとみなします。

TOPへ