WordPressディレクトリ移動の方法

一般設定よりWordPressアドレスとサイトアドレスを変更する
WordPress

WordPressのディレクトリを移動させる方法は幾つもありますが、一番簡単かなと思う方法を紹介します。

http://どめん.com/wpから/wpを削除し、http://どめん.comとすることを例にご説明します。

 

1. 一般設定よりWordPressアドレスとサイトアドレスを変更する

設定 > 一般よりWordPress アドレス (URL)とサイトアドレス (URL)の/wp部分を削除してから変更を保存ボタンを押します。

一般設定よりWordPressアドレスとサイトアドレスを変更する

2. wp/の中身をひとつ上のディレクトリに移動させる

wordpress関係のファイルを、すべてひとつ上のディレクトリに移動させます。

wordpressのディレクトリ

ここまでの作業で、http://どめん.comでTOPページが表示できるようになるかと思います。

 

3. パーマリンクをから更新する

記事のリンク切れなどが発生すると思います。

設定 > パーマリンクを開き、そのまま変更を保存ボタンを押してください。

パーマリンク更新

これで記事のリンク切れは解消できると思います。

 

4. 画像などのリンク切れ対応

フロント画面では問題なく画像の表示ができているが、ダッシュボードの投稿の記事の画像などがリンク切れしていると思います。

以前の/wpがリンクに残っているのが原因なので、DB内の/wpを一括置換しなければいけません。

DBを編集する知識がなくても、下記のスクリプトを使えば簡単に一括置換ができます。

https://interconnectit.com/products/search-and-replace-for-wordpress-databases/

こちらのサイトのDOWNLOADより、Search-Replace-DB-masterをダウンロードします。

search-and-replace-for-wordpress-databases

 

Search-Replace-DB-masterの設定方法

ダウンロードしたSearch-Replace-DB-master.zipを解凍し、wp_contentと同じ階層にアップロードします。

Search-Replace-DB-masterアップロード

ブラウザからhttp://どめん.com/Search-Replace-DB-masterにアクセスし、下記の3つの作業を行います。

1.replaceにhttp://どめん.com/wpを入力します

2.withにhttp://どめん.comを入力します

3.live ranを押してしばらく待ちます

4.delete meを押して役目を終えたSearch-Replace-DB-masterを削除します

Search-Replace-DB-master設定

 

以上の作業で完璧にディレクトリ移行が完了です。

他の方法はまた機会があればご紹介したいと思います。

 

お問い合わせ・
お見積りフォーム

エルスタでは、デザイン・システム・常駐案件など、幅広い仕事を受注しています。

見積もりご依頼のご相談などは無料で行っています。
お気軽にご相談・お問い合わせください。

お問い合わせ・お見積り

お問い合わせ・お見積り依頼フォームを使用頂く場合は、
プライバシーポリシーに同意されたものとみなします。

TOPへ